研究公演 「執心鐘入」にまつわる芸能

公開日 2017/02/10

各地にまつわる「執心鐘入」物語・・・

1719年に玉城朝薫によって創作され、今なお人気の高い組踊「執心鐘入」。各地にはこの「執心鐘入」と内容が類似する物語や、そのから新たに生まれた舞踊が存在します。本公演の第一部では、解説を交えながら「執心鐘入」をテーマに創作された創作舞踊等をご紹介し、第二部では縁のある民族芸能として、沖永良部島の西部に位置する知名町上平川に伝承されている大蛇踊り(鹿児島県指定無形民俗文化財)を実演します。大蛇が空高くダイナミックに乱舞する場面が見所です。馴染みの深い「執心鐘入」の新たな一面を発見する本公演をどうぞお楽しみください。

チラシ:執心鐘入にまつわる芸能

チラシ:執心鐘入にまつわる芸能(表)[PDF:2MB]

チラシ:執心鐘入にまつわる芸能

チラシ:執心鐘入にまつわる芸能(裏)[PDF:612KB]

公演情報

日時 公演日:2017/02/19 (日)
開演時間:14:00
終演時間:16:00
会場 国立劇場おきなわ 大劇場
入場料 3,100円 チケット販売所はこちら
公演内容

-演目-

【第一部】「執心鐘入」にまつわる創作舞踊

鼎談/島袋光晴
宮城竹茂
嘉数道彦

創作舞踊「一道(ちゅみち)」
作舞/島袋光晴
踊り手/島袋秀乃

[地謡]
歌三線/比嘉康春
笛/入嵩西諭

創作舞踊「鐘魔(しょうま)の鬼気(きき)」
編作/宮城竹茂
宿の女/田口博章
鬼女/佐辺良和
座主/川満香多

[地謡]
歌三線/宮城竹茂
玉城勉
屋嘉比健作
箏/城間良子
笛/大城健太郎
胡弓/前田博美
太鼓/金城安恵

【第二部】「執心鐘入」にまつわる民俗芸能

上平川大蛇踊り
解説/持田明美
出演/上平川大蛇踊り保存会

※演目、出演者等は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

ご予約
お問合せ
国立劇場おきなわチケットカウンター
TEL:098-871-3350
営業時間 10:00~18:00 
電話受付 10:00~17:30
休業日 年末年始

 

地図

国立劇場おきなわ

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード

※この記事はに作成されました。公開時点から変更になっている場合がありますのでご了承ください。

イベント表示形式を変更してイベントをさがす

FOLLOW

ソーシャルメディアでうらそえナビの新着情報をチェック!

  • RSSフィード